[ 乳酸菌サプリランキング ]腸内環境を改善するサプリを厳選比較

乳酸菌サプリランキングを腸内フローラ改善効果のある成分で比較しました。

[乳酸菌、ビフィズス菌の効果の違い]小腸機能を改善する乳酸菌サプリで体質改善!

      2017/11/21

[乳酸菌、ビフィズス菌の効果の違い]乳酸菌は小腸・大腸の両方の機能を改善する

 

乳酸菌のとビフィズス菌の特徴の違い1・乳酸菌は小腸でも大腸でも生きることができる

乳酸菌とビフィズス菌の最も違う点は「乳酸菌は小腸でも大腸でも生きることができる」という点です。

ビフィズス菌は大腸でのみしか生きることができません。

腸は「十二指腸」「小腸」「大腸」で構成されており、それぞれに役割があります。

腸内フローラのバランス改善には「小腸」「大腸」の両方の機能改善が必要なため、腸内環境改善には乳酸菌が必須ということですね(´∀`)

 

乳酸菌の特徴は小腸でも大腸でも生きられる通性嫌気性菌

乳酸菌の特徴は「小腸」「大腸」の両方で生きることができる点です。

それは、乳酸菌が「通性嫌気性菌」と言って、酸素がある場所でも生きられる微生物だからです。

人間の体は小腸内には少量の酸素がありますが、大腸内には酸素は存在しません。

乳酸菌とビフィズス菌は同じ善玉菌ですが、菌の種類が違うということになります。

乳酸菌とビフィズス菌の特徴の違い2・ビフィズス菌は大腸でしか生きられない

ビフィズス菌は大腸でしか生きることができない微生物です。

ビフィズス菌は、乳酸菌と同じく善玉菌の1つですが、菌の種類が違い、役割や腸内環境に与える影響も異なります。

以前はビフィズス菌は乳酸菌の一種だと考えられていましたが、現在は全く別の菌として扱われています。

腸内環境には小腸と大腸の両方の機能改善が必要となるため、ビフィズス菌だけでは腸内環境の改善はできません

ビフィズス菌の特徴は大腸でしか生きられない偏性嫌気性菌

ビフィズス菌は「偏性嫌気性菌」と言って、酸素がある場所では生きることができない菌です。

人間の臓器の中には少量の酸素がある機関が多いが、大腸は酸素がありません。

酸素がある場所では生きることができないビフィズス菌は大腸でしか生きることができません

乳酸菌とビフィズス菌の特徴の違い3:乳酸菌は小腸の機能を活性化し健康効果を高める

腸内環境と聞くと「大腸」のみをイメージする方が多いのですが、腸はそれぞれ「十二指腸」「小腸」「大腸」に分かれており、各臓器の役割は異なります。

十二指腸の役割

十二指腸は小腸の一部であり、主な役割は「食物の消化」です。

食物が胃から十二指腸に運ばれると十二指腸ではさまざまなホルモンを分泌する指令を出します。

ホルモンによって胆汁液と膵液が押し出され、十二指腸の中に流れ込むことで、食物はさらに消化をしながら空腸に運ばれていきます。

小腸の役割

胃や十二指腸で消化された食物は小腸でさらに分解され、「ビタミンやミネラルなどの栄養を吸収」します。

小腸の機能が低下すると、栄養素を血液中に十分に運ぶことができないため、さまざまな弊害が出てしまいます。

小腸で吸収される栄養素には、ビタミンやミネラルなど5大栄養素と言われるもので、健康な体にはなくてはならない栄養素です。

小腸機能が低下すると、これらの栄養素の吸収率が低下するので、免疫力の低下、疲れやすいなど、さまざな不調があらわれます。

大腸の役割

大腸は胃や十二指腸・小腸で消化や吸収をされながら運ばれてきた食物を「便として排泄する」役割があります。

小腸で吸収しきれなかった栄養素や水分を大腸で吸収し、有害物質や腐敗物、不要なものを便として体外に排出します。

この時に、大腸では蠕動運動をしながら便を移動させています。

大腸は自律神経で動いていますが、蠕動運動だけではスムーズに便の排出ができないため、腸内の善玉菌が蠕動運動を補助する働きをします。

善玉菌が優勢の腸内環境の人では蠕動運動が促され、スムーズに排便することができます。

逆に悪玉菌が優勢の腸内環境の人では蠕動運動が促されることはないため、大腸は水分や栄養素の吸収ができず、便をスムーズに排出することができなくなり、便秘や下痢を繰り返すようになります。

十二指腸・小腸・大腸の環境を整えるためには乳酸菌が重要となります。

乳酸菌サプリの「善玉菌のチカラ」は、腸内環境の改善が立証されているプロバイオティクス乳酸菌配合のサプリメントです(´∀`)

小腸機能の活性化で得られること1:免疫システムの向上

小腸は全体の70%以上の免疫細胞が作られており、小腸の機能が低下すると免疫システムが弱くなり、風邪をひきやすくなったり、インフルエンザやノロウィルスなどの感染症にかかりやすくなります

また、がん細胞は免疫力が弱っているときに増殖するため、小腸機能の活性化はがんの予防や、抗腫瘍に効果的と言えます。

アトピーや花粉症などのアレルギー症状も、免疫力が低下していると発症しやすくなったり、症状が強く出たりします。

小腸機能を活性化することで、アレルギー症状の緩和が期待できます。

乳酸菌は小腸機能を活性化するので、免疫力アップが期待できますよ(´∀`)

小腸機能の活性化で得られること2:コレステロール値の低下

コレステロールは脂質の1つで小腸で吸収され全身に運ばれます。

コレステロールは全身の細胞内に存在し、細胞間の伝達をスムーズにする役割を果たします。

特に脳にはコレステロールの1/4量が存在し、脳の情報伝達をスムーズに行うためにコレステロールが必要です。

適度なコレステロールは人間が生きていく上で必須ですが、余分なコレステロールは体に悪影響になります。

余分なコレステロールは血管壁を覆い動脈硬化の原因となり、脳梗塞心筋梗塞などの疾患のリスクを高めます。

プロバイオティクス乳酸菌を摂取すると、乳酸菌とコレステロールや胆汁酸が結合し、便として体外に排出させる作用があります。

また、乳酸菌には胆汁酸の排泄を促す酵素を持っているため、プロバイオティクス乳酸菌を摂取することで胆汁酸の排泄が促され、失われた胆汁酸を補うために肝臓ではコレステロールを必要とします。

(参考:「プロバイオティクス細菌による血中脂質改善作用」)

その結果、プロバイオティクス乳酸菌を摂取すると、血中のコレステロール値が低下するとされています。

乳酸菌サプリの「善玉菌のチカラ」はプロバイオティクス乳酸菌配合で、コレステロール値の低下が期待できます。

小腸機能の活性化で得られること3:食後血糖値の急上昇を予防

食事を摂ると血中のブドウ糖の濃度が上がり血糖値を上昇させます。

食後は血糖値が上昇しますが、血糖値を避けるために膵臓からインスリンが放出されます。

このインスリンの放出をさせるホルモン「インクレチン」は小腸から分泌されており、小腸機能が低下しているとインスリンの分泌が促されないため、食後の血糖値のコントロールがスムーズに行えなくなります。

小腸の機能改善は血糖値コントロールに大きな関係があるということですね。

また、乳酸菌は腸内では糖を吸着し便として体外に排出する働きがあります。

腸内フローラのバランスが悪いと善玉菌の代表である乳酸菌の働きが鈍く、腸内の糖を吸着する働きも鈍ってしまいます。

腸内フローラのバランスが良いと善玉菌が優位な状態となるため、乳酸菌の働きが活性化し、腸内の糖をしっかりと吸着し、食後の血糖値の急上昇の抑制や、肥満の解消に繋がります。

乳酸菌サプリの「善玉菌のチカラ」は、血糖値上昇を抑制する成分を生成するクレモリス菌FC株を配合しています。

小腸機能の活性化で得られること4:整腸作用

小腸は主に、胃や十二指腸が消化した食物から栄養素や水分を吸収する役割があります。

さらに小腸から大腸に食物が運ばれ、大腸では小腸では吸収しきれなかった栄養素や水分を吸収する役割があります。

腸内フローラのバランスが崩れ小腸の機能が低下すると、栄養素や水分の吸収が不十分なまま、大腸に食物が運ばれていきます。

大腸では本来なら小腸が吸収するはずの栄養素や水分も吸収しなければならないので、吸収率が下がったり、本来の大腸の機能が果たせません

そのため、大腸では十分に水分が吸収できずに、軟便や下痢便の原因となります。

小腸の機能を活性化することは、整腸作用を高めることになります。

プロバイオティクス乳酸菌は整腸効果が認められており、腸内環境の改善に役立ちます。

小腸機能の活性化で得られること5:疲労回復効果

小腸では胃や十二指腸で消化された食物から栄養素や水分を吸収する役割があります。

小腸が吸収する栄養素には、ビタミンやミネラルがあり、健康の維持や疲労回復に重要な役割を果たします。

特にビタミン類は、疲労回復の過程で大量に必要であり、小腸機能が低下してビタミンの吸収率が下がると、疲労が取れなかったり、疲れやすくなります。

疲れは、免疫力を低下したり、不眠の原因となったり、健康状態に悪影響を及ぼします。

乳酸菌を摂取することで小腸の機能改善に繋がり、健康効果を実感することができますよ。

 

腸内フローラのバランス改善には小腸と大腸の両方を改善する必要がある

ビフィズス菌のみでは小腸機能の改善はできない

ビフィズス菌は酸素のある場所では生きられない特性があり、大腸でしか生息できません

そのため、ビフィズス菌が小腸に留まり小腸機能を改善することはできません。

ビフィズス菌は、大腸の機能改善に重要な役割を果たします。

腸内フローラの改善には、大腸のみを活性化しても意味がなく、小腸・大腸の両方を活性化する必要があります。

乳酸菌は、小腸でも大腸でも生息することができるので、腸内フローラの改善には乳酸菌は必須だと言えます。

ビフィズス菌のみを摂取しても意味がない

ビフィズス菌のみを摂取しても腸内フローラのバランスを改善することはできません。

ビフィズス菌は、大腸でしか生息できないので、小腸機能を活性化することはできません。

そのため、ビフィズス菌のみを摂取しても意味がありません

ビフィズス菌は、腸内で善玉菌のエサとなったり、大腸に留まり機能の活性化に役立ちます。

腸内の善玉菌の99%がビフィズス菌であり、年齢とともにビフィズス菌の量は低下すると言われています。

年齢とともに低下するビフィズス菌を補うことで腸内環境が改善すると言われる事もありますが、ビフィズス菌サプリであっても乳酸菌が微量に入っているものが多く、ビフィズス菌が単独で入っている商品はほとんどありません。

腸内フローラの改善には、乳酸菌による小腸・大腸の機能改善が有効だと言えます。

腸内フローラの改善にはプロバイオティクス乳酸菌がおすすめ

プロバイオティクス乳酸菌は、腸内フローラの改善に有効と認めれています。

プロバイオティクス乳酸菌は、生きて腸まで届き、小腸・大腸の機能を活性化します。

プロバイオティクス乳酸菌は、生きたまま腸まで届くため、腸に長く留まることができ、定期的に摂取することで、小腸・大腸の機能改善に繋がります。

プロバイオティクス乳酸菌は、生きたまま腸まで届くことが認められた乳酸菌で、特にクレモリス菌FC株が持つ独特の粘り成分で腸に長く留まり、より高い健康効果を発揮します。

乳酸菌サプリの「善玉菌のチカラ」は、プロバイオティクス乳酸菌のクレモリス菌FC株配合で、高い健康効果が期待できます(´∀`)

排便環境の改善にはビフィズス菌がおすすめ

大腸は、胃・十二指腸・小腸で消化、吸収された食物から、便の元となるものを作り、不要なものや有害物質を便とした体外に排出します。

便の元を作るのは大腸の役割であり、蠕動運動で便を体外に排出させるのも大腸の働きです。

排便をスムーズに行うためには蠕動運動が活発であり、硬さや大きさも排出しやい必要があります。

大腸の機能が低下すると水分の吸収率が下がるので、下痢便となりやすいです。

ビフィズス菌は、大腸では食物繊維と同じく、善玉菌のエサとなり排便環境の改善に繋がります。

排便環境の改善には、ビフィズス菌や食物繊維が配合された乳酸菌サプリを選ぶことをおすすめします。

乳酸菌サプリの「善玉菌のチカラ」は、プロバイオティクス乳酸菌が配合されており、食物繊維も同時摂取できるため、より高い健康効果が期待できます(´∀`)

 

 - 乳酸菌とビフィズス菌の違いについて , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした