[ 乳酸菌サプリランキング ]腸内環境を改善するサプリを厳選比較

乳酸菌サプリランキングを腸内フローラ改善効果のある成分で比較しました。

[乳酸菌サプリの効果的な飲み方]プレバイオティクスの飲み合わせで効果アップ!

      2017/11/21

[乳酸菌サプリの効果的な飲み方]食物繊維入の乳酸菌サプリで善玉菌を活性化する!

 

乳酸菌サプリの効果的な飲み合わせ1:食物繊維で善玉菌活性化

乳酸菌は食物繊維との飲み合わせの相乗効果で、腸内フローラの改善が進みます。

食物繊維は、消化・吸収されずに腸まで届く性質があり、腸に入ると善玉菌のエサとしての役割を果たします。

乳酸菌は善玉菌を活性化する作用があるため、食物繊維の摂取で活性化した善玉菌がさらに活性化し、効率よく腸内環境を整えることができます。

乳酸菌と食物繊維は相乗効果を得られる飲み合わせで、乳酸菌サプリを選ぶときは食物繊維の入ったサプリを選びたいですね(´∀`)

乳酸菌サプリの効果的な飲み合わせ2:食物繊維で排便量を増やす

食物繊維は消化・吸収されずに腸まで届き、便の元となる性質があります。

便は、腸内で必要な栄養素やミネラル、水分などを吸収し、不要になった物を指します。

便は食べ物の残りカスだけではなく、腸内細菌の死骸も含まれます。

腸内環境が乱れている人の腸は、悪玉菌が優勢になっており、有害物質やガスを発生させ、腸の機能が低下し、栄養やミネラルの吸収がスムーズにできない状態になっています。

乳酸菌と食物繊維を同時に摂取することで、善玉菌を活性化し、悪玉菌が優位な状態を改善します。

善玉菌が活性化すると悪玉菌は繁殖が抑制され、有害物質やガスの発生も抑制されるため、腸の機能が改善します。

善玉菌が活性化し腸の機能が改善することで、栄養やミネラルの吸収がしっかりと行えたり、蠕動運動もしっかり起きるので、排便量が多くなり、不要なものを便として排出することができますよ。

乳酸菌サプリを選ぶときは食物繊維が配合されているものを選びたいですね(´∀`)

乳酸菌サプリの効果的な飲み合わせ3:プレバイオティクス認定の食物繊維を選ぶ

乳酸菌の活性化に効果的なプレバイオティクス認定の食物繊維とは

プレバイオティクスは、乳酸菌の活性に効果的な成分で、一部の食物繊維がプレバイオティクスに含まれます。

プレバイオティクスは、単体で摂取するよりも、乳酸菌やビフィズス菌と同時に摂取することで、乳酸菌やビフィズス菌の働きを活性化し、腸内フローラの改善に役立ちます。

プレバイオティクスは、プロバイオティクス乳酸菌と同時に摂取することでさらに高い健康効果を得ることができます。

<プレバイオティクスの条件>

1・消化管上部で加水分解されない。
2・大腸に共生する一種または限定された数の有益な細菌(ビフィズス菌・乳酸菌など)の選択的な基質であり、それらの細菌の増殖を促進し、または代謝を活性科する。
3・大腸の腸内フローラを健康的な構成に都合の良いように改変できる。
4・宿主の健康に有益な全身的な効果を発揮する。

参考:日本ビフィズス菌センター/腸内細菌学会より

上記のように、プレバイオティクスに認定されるためには厳しい4つの条件をクリアする必要がある。

特に上記3の「大腸の腸内フローラを健康的な構成に都合の良いように改変できる。」は、プレバイオティックスを摂取することで腸内フローラのバランス改善が可能ということである。

乳酸菌サプリを選ぶときは、プレバイオティクス認定の食物繊維配合のサプリを選びたいですね。

プレバイオティクス認定の食物繊維は7種類

プレバイオティクス認定の食物繊維は7種類あり、それぞれに役割が異なります。

ここでは健康食品やその他の食品によく配合されているプレバイオティクス認定の食物繊維について紹介します。

代表的なプレバイオティクス認定の食物繊維:イヌリン

食物繊維は大きく2つに分けると「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」に分かれます。

プレバイオティクス認定の代表的な食物繊維のイヌリンは、ごぼう・菊芋・ニラ・玉ねぎ・ニンニキなどの多く含まれます。

特のごぼう・菊芋には食物繊維のイヌリンが豊富に含まれています。

食品名 イヌリン含有量(100gあたり):単位g
菊芋 12.5~20g
ごぼう 12.5~20g
チコリ 0.7g
ニラ 0.4g
玉ねぎ 0.3g

 

イヌリンを含む1日の食物繊維の推奨摂取量は17~20gです。

毎日の食事ではなかなか食物繊維を豊富に摂ることができず、腸内環境が乱れている人が多いのが現状です。

乳酸菌と同時に摂取することで相乗効果のある食物繊維を含む乳酸菌サプリを摂ることで、腸内フローラのバランスを整えたいですね(´∀`)

代表的なプレバイオティクス認定の食物繊維:アルギン酸

代表的なプレバイオティクス認定の食物繊維にアルギン酸があります。

アルギン酸は、昆布・わかめ・もずく・ひじきなどに含まれる多糖類で、海藻のぬめり成分です。

アルギン酸は水に溶けない性質をもちますが、アルギン酸カリウムとすることで水溶性の食物繊維となり、腸内の善玉菌のエサとなります。

健康補助食品に利用される事も多く安全性の高い成分です。

アルギン酸は、コレステロール値の低下、ダイエット効果、動脈硬化の予防、腸内フローラの改善など、様々な効果が期待できます。

乳酸は、食物繊維と同時に摂取することで相乗効果を発揮し、善玉菌を活性化します。

乳酸菌サプリを選ぶときは、アルギン酸などの食物繊維が含まれているものを選びたいですね!

 

 

[乳酸菌サプリの効果的な飲み方]オリゴ糖入の乳酸菌サプリで乳酸菌を増殖させる!

 

 

乳酸菌を増殖させる飲み合わせ1:オリゴ糖で乳酸菌が増殖!

オリゴ糖は、糖類の一種でビフィズス菌や乳酸菌を増殖する効果がある。

乳酸菌はエネルギー確保のために糖を分解して乳酸を作りますが、乳酸菌を活性化するためにはオリゴ糖が必要なのです。

オリゴ糖は糖類の一種なので、乳酸菌が乳酸を生成する際に使われ、乳酸菌の増殖を促進します。

オリゴ糖により乳酸菌が増殖すると、腸内は弱酸性に傾き、悪玉菌が繁殖しにくい環境となり、腸内フローラのバランスが整います

乳酸菌サプリを選ぶときは、プロバイオティクス乳酸菌配合のものを選ぶことをおすすめします(´∀`)

乳酸菌を増殖させる飲み合わせ2:オリゴ糖で腸内フローラが改善

オリゴ糖は乳酸菌が乳酸を生成する際に利用されます。

つまり、オリゴ糖は乳酸菌のエサとしての役割があり、乳酸菌とオリゴ糖の同時摂取で乳酸菌の増殖が促進され、腸内フローラのバランスが整います

腸内フローラのバランスを改善するためには、乳酸菌が良いのかビフィズス菌が良いのか悩む方も多いですが、小腸と大腸の両方の機能を改善でいるのは乳酸菌だけです。

ビフィズス菌は大腸のみしか留まることができず、小腸の機能を活性化することはできません。

オリゴ糖は乳酸菌の増殖を促進することで腸内フローラが整い、さまざまな健康効果が得られますよ。

乳酸菌サプリを選ぶときは、プロバイオティクス乳酸菌配合のものを選びたいですね(´∀`)

乳酸菌を増殖させる飲み合わせ3:プレバイオティクス認定のオリゴ糖を選ぶ

乳酸菌の増殖に効果的なプレバイオティクス認定のオリゴ糖とは

オリゴ糖は糖類の1種で乳酸菌の増殖に効果的な成分です。

オリゴ糖は、乳酸菌やビフィズス菌の増殖に効果的な成分と立証されており、プレバイオティクスに認定されています。

プレバイオティクス認定には条件が4つあり、全ての条件を満たさなければプレバイオティクスとして認められません。

<プレバイオティクスの条件>

1・消化管上部で加水分解されない。
2・大腸に共生する一種または限定された数の有益な細菌(ビフィズス菌・乳酸菌など)の選択的な基質であり、それらの細菌の増殖を促進し、または代謝を活性科する。
3・大腸の腸内フローラを健康的な構成に都合の良いように改変できる。
4・宿主の健康に有益な全身的な効果を発揮する。

参考:日本ビフィズス菌センター/腸内細菌学会より

上記の4つの条件を満たしているオリゴ糖は、プレバイオティクスと認定され、乳酸菌やビフィズス菌を増殖させ、腸内フローラを改善されることが立証されています。

乳酸菌サプリを選ぶときは、プレバイオティクス成分の食物繊維やオリゴ糖を含むものを選びたいですね(´∀`)

代表的なプレバイオティクス認定のオリゴ糖:ラクチュロール(ミルクオリゴ糖)

オリゴ糖の中でも代表的なミルクオリゴ糖は、オリゴ糖の中でも酸に強く、胃酸に分解されることなく大腸まで届けることができます。

オリゴ糖は、胃や小腸でも吸収されることなく大腸に届き、ビフィズス菌の増殖に効果を表します。

参考:「ラクチュロースとは」森永乳業株式会社より

乳酸菌は、小腸・大腸の両方に存在しますが、ビフィズス菌は大腸でしか存在できません。

乳酸菌サプリは、小腸や大腸の働きを活性化することができますが、排便機能に関わるのは主に大腸の役割であるため、ビフィズス菌を摂取することで大腸の働きを活性化したほうが強い整腸作用を得ることができます。

オリゴ糖や食物繊維など、プレバイオティックス成分は腸内フローラの改善が立証された成分であり、乳酸菌サプリを選ぶときは食物繊維やオリゴ糖が配合されたものを選びたいですね(´∀`)

代表的なプレバイオティクス認定のオリゴ糖:ガラクトオリゴ糖

<オリゴ糖の種類と効果>

オリゴ糖の種類 効果
コーヒー豆マンノオリゴ糖 整腸作用、脂肪吸収抑制
乳化オリゴ糖(ラクトスクロース) カルシウムの吸収促進、ビタミンB群の吸収促進、ビフィズス菌の増殖、整腸作用
大豆オリゴ糖 整腸作用、ビフィズス菌の増殖、歯周病の予防
ラフィノース 整腸作用、ビフィズス菌の増殖、歯周病の予防
ラクチュロース(ミルクオリゴ糖) アンモニア血症の改善、肝機能改善、整腸作用、ビフィズス菌の増殖、コレステロール値の抑制、脂肪吸収の抑制
イソマルトオリゴ糖 ※整腸作用はやや劣る、免疫力向上、ビフィズス菌の増殖、腸内フローラの改善
ガラクトオリゴ糖 強い整腸作用、ビフィズス菌の増殖、歯周病の予防、免疫力向上、コレステロール値の改善
キシロオリゴ糖 整腸作用、ビフィズス菌の増殖、歯周病の予防
フラクトオリゴ糖 整腸作用、ビフィズス菌の増殖、歯周病の予防
セリオリゴ糖 整腸作用、ビフィズス菌の増殖、歯周病の予防

 

プレバイオティクス認定のオリゴ糖の中でも代表的なガラクトオリゴ糖は、強い整腸作用のあるオリゴ糖です。

ガラクトオリゴ糖は、オリゴ糖の中でも酸に強く、胃酸でも消化されることなく腸まで届けることができます。

オリゴ糖は腸内で善玉菌のエサとなり腸内フローラを改善する役割があるため、酸や熱に強く、力強く腸まで届くガラクトオリゴ糖は、重要なプレバイオティクス成分と言えます。

乳酸菌サプリを選ぶときは、善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖が配合されたものを選びたいですね(´∀`)

 

 - 乳酸菌サプリの効果的な飲み方 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

[乳酸菌サプリの効果的な飲み方]複数の乳酸菌よりプロバイオティクスを選ぼう!

[乳酸菌サプリの効果的な飲み方]複数の乳酸菌サプリを飲むより質の高いサプリを1つ …

[乳酸菌サプリの効果的な飲み方]定期処方薬との併用でも安全

        [乳酸菌サプリの効果的な …

[乳酸菌サプリの効果的な飲み方]熱・酸に弱い乳酸菌は夕食後の摂取で健康効果アップ!

[乳酸菌サプリの効果的な飲み方]乳酸菌を飲むタイミングは食後がおすすめな理由 & …