[ 乳酸菌サプリランキング ]腸内環境を改善するサプリを厳選比較

乳酸菌サプリランキングを腸内フローラ改善効果のある成分で比較しました。

[乳酸菌サプリの効果的な飲み方]複数の乳酸菌よりプロバイオティクスを選ぼう!

      2017/11/21

[乳酸菌サプリの効果的な飲み方]複数の乳酸菌サプリを飲むより質の高いサプリを1つ選ぼう!

 

乳酸菌サプリを複数飲むことをおすすめしない理由1:生きて腸まで届く強い菌が効果的

乳酸菌サプリの中にはたくさんの種類の菌株が含まれていることで高い効果を得ることができると謳っている商品が多いのですが、菌株の多さよりも質の高い菌株が含まれいてることの方が重要です。

乳酸菌は酸や熱に弱いため、ほとんどの乳酸菌は胃酸で消化されてしまい効果を失います。

もちろん、胃酸で消化され効果を失ったからと言って意味がなくなるのではなく、死菌となり腸まで届き善玉菌のエサとなります。

つまり、胃酸で消化されてしまった乳酸菌(死菌)は、腸では食物繊維と同じく善玉菌のエサとなり、善玉菌を増殖させます。

でも、乳酸菌が生きたまま腸まで届くことで得られる効果を得ることはできません。

生きたまま腸まで届いた乳酸菌は、小腸では免疫システムを活性化し免疫力の向上に重要な役割を果たします。

小腸には全身の免疫細胞が集まっているため、生きた乳酸菌が小腸の機能を活性化することで、免疫力が向上し、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の緩和、腫瘍抑制、強い感染症(インフルエンザやノロウィルスなど)の予防などに効果が見込めます。

乳酸菌サプリを選ぶときは、生きたまま力強く腸まで届く、プロバイオティクス乳酸菌が配合されたものを選ぶのがおすすめです(´∀`)

乳酸菌サプリを複数飲むことをおすすめしない理由2:乳酸菌の含有量ではなく質が大事

乳酸菌の1日推奨量を大幅に上回っても意味はない

乳酸菌の1日の推奨摂取量は10億個で、ヨーグルトでは100mlに相当します。

乳酸菌の1日の推奨摂取量は、腸内フローラのバランスを良好に保つために必要な量です。

乳酸菌を多く取れば腸内フローラがより良好に保たれるかと言うと、それはありません。

それは、乳酸菌が小腸や大腸に定着することはなく、3~7日ほどで体外に排出されてしまう性質があるからです。

たくさんの量の乳酸菌を一度に摂っても、短期間で体外に排出されてしまうため意味がなく、腸内フローラの改善には、毎日継続して乳酸菌を摂取するのが効果的です。

毎日ヨーグルトを摂るのは難し方や、ヨーグルトが苦手な方、体質的に合わない方は、毎日継続して乳酸菌サプリを摂ることをおすすめします。

腸内フローラのバランスを良好に保つことは、人が健康に生きるために必須の条件であり、腸内フローラの改善は、様々な病気や不快症状の予防や緩和に繋がります。

善玉菌のチカラは生きて腸まで届くことが立証されている、プロバイオティクス乳酸菌配合で、より高い健康効果が期待できます。

複数の乳酸菌サプリ購入ではコスパが悪く継続が難しくなる

乳酸菌サプリは乳酸の含有量が多い方が効果が高いのでは?というイメージを持っている方が多く、複数の乳酸菌サプリの併用を考える人も少なくありません。

でも、複数の乳酸菌サプリを併用することはおすすめしません

複数の乳酸菌サプリを摂ることは、より多くの菌株を摂取でき、乳酸菌の含有量を増やすことができますが、質の悪い菌株を増やしても意味がありませんし、乳酸菌の1日推奨量の何倍も多く摂っても意味はありません

また、乳酸菌サプリは毎日継続して飲むことで、徐々に腸内フローラを改善していくものなので、できれば長く継続して飲むことをおすすめします。

乳酸菌サプリを複数併用することは、コスパが悪くなり、継続して飲むことが難しくなってしまう事もあります。

プロバイオティックス乳酸菌が配合されており、1日の乳酸菌の推奨量を満たしている乳酸菌サプリを選ぶことをおすすめします。

善玉菌の力は、プロバイオティクス乳酸菌を配合しており1日の乳酸菌摂取量を充分に満たしており、健康効果が期待できますよ(´∀`)

乳酸菌サプリを複数飲むことをおすすめしない理由3:乳酸菌サプリを飲むタイミングで効果を最大化できる

腸内細菌のゴールデンタイムを活用する

乳酸菌サプリの併用は、乳酸菌の菌株や摂取量を増やすことはできますが、腸内フローラの改善には、サプリの併用は意味がありません

腸内フローラの状態によって、合う乳酸菌と合わない乳酸菌があると言われますが、プロバイオティクス乳酸菌なら生きたまま腸まで届く事が立証されていますし、腸内フローラの改善作用も立証されており、誰にとっても効果的な乳酸菌と言えます。

乳酸菌サプリを併用したり、様々な菌株を試して見るよりも、腸内細胞が活性化するゴールデンタイムを活用したほうが効果的です。

22時~2時は、副交感神経が優位となり、腸の消化・吸収が促進される時間帯です。

この22時~2時のゴールデンタイムに入る前に乳酸菌サプリをとることで、より乳酸菌が活性化し腸内環境の改善に繋がります。

ゴールデンタイムに乳酸菌を腸に届けるためには、ゴールデンタイムの3時間前に乳酸菌サプリを摂るのがベストなタイミングです。

つまり、夕食後の19時ころに乳酸菌サプリを取り、腸の消化・吸収が活発となる22時~2時はなるべくリラックスして過ごす事で、乳酸菌サプリの効果を引き出す事ができます。

乳酸菌サプリを併用するよりも、生活で工夫できる事を取り入れる方が効果的ではないでしょうか(´∀`)

 

 - 乳酸菌サプリの効果的な飲み方 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

[乳酸菌サプリの効果的な飲み方]定期処方薬との併用でも安全

        [乳酸菌サプリの効果的な …

[乳酸菌サプリの効果的な飲み方]熱・酸に弱い乳酸菌は夕食後の摂取で健康効果アップ!

[乳酸菌サプリの効果的な飲み方]乳酸菌を飲むタイミングは食後がおすすめな理由 & …

[乳酸菌サプリの効果的な飲み方]プレバイオティクスの飲み合わせで効果アップ!

[乳酸菌サプリの効果的な飲み方]食物繊維入の乳酸菌サプリで善玉菌を活性化する! …