[ 乳酸菌サプリランキング ]腸内環境を改善するサプリを厳選比較

乳酸菌サプリランキングを腸内フローラ改善効果のある成分で比較しました。

[ 乳酸菌サプリランキング ]腸内フローラの改善効果が高いサプリ比較

乳酸菌サプリランキング は、腸内フローラの改善効果が高いものを比較しているかがポイント!

根拠のないランキングではなく、腸内フローラの改善効果が立証されている「プロバイオティクス乳酸菌」配合のサプリを厳選して比較しました。

腸内環境の改善効果が期待できる乳酸菌サプリのみを厳選したランキングを紹介します。

 乳酸菌サプリランキング 腸内環境改善効果で比較

 

 

腸内フローラの改善にはプロバイオティクス配合の乳酸菌がおすすめ!

腸内フローラという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

腸内フローラは「腸内環境」のことで、現代人の大半は腸内フローラのバランスが乱れ、排便の異常、花粉症やアトピー性皮膚炎、高コレステロール、高血糖など、さまざまな健康障害が見られるケースが増えています。

腸内フローラの改善には乳酸菌が必須なことは分かったけど、商品が多すぎて選び方が分からない!という声が多いのです。

乳酸菌サプリを選ぶ3つのポイントは、「生菌を選ぶ」「生きて腸まで届く乳酸菌を選ぶ」「腸内フローラを改善する菌株を選ぶ」です。

この3つのポイントを全て満たしているのは、「プロバイオティクス乳酸菌配合の乳酸菌サプリ」です。

 

 

[ 乳酸菌サプリランキング ]腸内環境改善効果が高い成分で比較

乳酸菌サプリランキング は、腸内環境改善効果の高いものを厳選して比較しました。

口コミ評判だけではなく、腸内フローラの改善が立証された「プロバイオティクス乳酸菌」配合の乳酸菌サプリを選びましょう!

 

[ 乳酸菌サプリランキング 1位]善玉菌のチカラ

 乳酸菌サプリランキング 1位善玉菌のチカラ

項目 フジッコ株式会社 善玉菌のチカラ
乳酸菌の種類 クレモリス菌FC株(カスピ海ヨーグルト由来)
プロバイオティクス乳酸菌の有無 ◎ クレモリス菌FC株
プレバイオティクスの有無 ◎ アルギン酸カリウム(食物繊維)
初回購入料金(割引率) 1,950円(23%off)⇒初回定期契約1,550円(34%off)
1日当たりの料金 75.8円/1日

 

善玉菌のチカラの特徴

フジッコ株式会社が販売する乳酸菌サプリ「善玉菌のチカラ」は、プロバイオティクス乳酸菌の中でも腸内フローラの改善効果の高いクレモリス菌FC株を配合しています。

クレモリス菌FC株は、カスピ海ヨーグルト由来の乳酸菌で、腸内フローラのバランス改善に有効と立証されたプロバイオティックス乳酸菌です。

善玉菌のチカラの口コミ

「お守りみたいな存在です。」

今まで、色々と試してきましたが、不自然なものには頼りたくないし・・・と見つけたのが「善玉菌のチカラ」でした。飲み始めた頃は「粒の数を増やしていかないと、そのうちスッキリしなくなるのでは・・・。」と少し不安でしたが、ずっと一粒で調子が良いんですよ。旅行中も安心していっぱい食べられるようになりました。今では私のお守りみたいな存在ですね。

(44歳 女性)

引用:公式サイトの愛飲者の声より

 

「きっかけは、フジッコさんの電話相談でした。」

最初は、朝と昼に一粒ずつ飲んでいました。始めて3ヶ月くらいはあまりありませんでした。フジッコさんに電話相談したら、「飲み方を変えてみましょう。」とアドバイスを受けて、朝と夜に変えたんです。そしたら、4ヶ月目すぎた頃突然、スッキリするようになったんです。今では、朝と夜に「善玉菌のチカラ」、朝に「カスピ海ヨーグルト」の両方を続けています。

(68歳 男性)

引用:公式サイトの愛飲者の声より

 

 

[ 乳酸菌サプリランキング 2位]乳酸菌革命

 

 乳酸菌ランキング 2位乳酸菌革命

項目 株式会社健康いきいき倶楽部 乳酸菌革命
乳酸菌の種類 16種類
プロバイオティクス乳酸菌の有無 ◎ ラブレ菌 ガセリ菌
プレバイオティクスの有無 ◎ イヌリン・難消化デキストリン(食物繊維)

ガラクトオリゴ糖(オリゴ糖)

初回購入金額(割引率) 初回割引なし
1日当たりの料金 88.0円/日

乳酸菌革命の特徴

株式会社健康いきいき倶楽部が販売する乳酸菌サプリ「乳酸菌革命」は、16種類の乳酸菌をバランスよく配合しているのが特徴です。

一般的な乳酸菌は、熱や酸に弱く生きたまま腸まで届けるのが難しいのがデメリットですが、乳酸菌革命に配合された乳酸菌は酸や熱に強い「有胞子乳酸菌」が配合されており、生きたまま腸まで届けることができます。

乳酸菌革命の口コミ

「1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々なんです!」

私は30歳を過ぎた頃から毎日スッキリしなくて、子供の幼稚園の送り迎えや買い物さえ面倒に感じていました。たまたまテレビで観た「乳酸菌」の特集で「これが足りないかも」と思い、ネットで調べてすぐに購入したのが「乳酸菌革命」。でも、3日試してもなかなか実感できず諦めかけていたのですが、1週間ほど経った頃でしょうか・・・だんだんスッキリ楽々に!続けている今では毎日が総会になり、家事も前向きに取り組めるようになりました。「乳酸菌」とは長いお付き合いになりそうです。

(広島県 女性)

引用:公式サイトの愛飲者の声より

 

「強い味方ができました!」

最近、女優さんや美容かが乳酸菌を飲んでいるとのことで私も色々試してみました。やっぱり40種類の善玉菌っていいんですね!体の仲から綺麗をつくるというのを初めて実感しましたよ。冷蔵庫の前に貼って毎日飲み忘れないようにしています!

(26歳 女性)

引用:公式サイトの愛飲者の声より

 

「乳酸菌の素晴らしさを実感しました!」

毎日ヨーグルトを買って飲んでいます。なんとなくいいんだろうなと感じてはいたんです。でも「乳酸菌革命」を飲んで、ハッキリ実感しました。乳酸菌っていいんだ!ということを。毎日スッキリ、悩みもなし!乳酸菌の良さを感じたい方にはぜひおすすめ。

(33歳 女性)

引用:公式サイトの愛飲者の声より

 

 

[ 乳酸菌サプリランキング 3位]乳酸菌EC-12

 乳酸菌サプリランキング 乳酸菌EC-12

 

 

[ 乳酸菌サプリランキング ]腸内フローラ改善に効果的なサプリの選び方3つのポイント

 乳酸菌サプリランキング サプリ選びのコツ

 乳酸菌サプリランキング ☆特徴を比較

項目

 

善玉菌のチカラ 乳酸菌革命 乳酸菌EC-12
 プロバイオティクスの有無  

クレモリス菌fc株

 

 ◎

ラブレ菌

ガセリ菌

 ✖

 

 

 生菌・死菌  生菌  生菌  死菌
 健康効果の有無  

EPS生成

 △

 

 △

 

 サポート成分の有無  

食物繊維

 ◎

オリゴ糖

 

オリゴ糖

 コスパ/1日 75.8円/1日  88.0円/1日  97.2円/1日

 

乳酸菌サプリの選び方のコツは「プロバイオティクス乳酸菌を配合」している乳酸菌サプリを選ぶことです!

プロバイオティクス乳酸菌は腸内フローラの改善に有効と認められた乳酸菌で、高い健康効果が期待できますよ(´∀`)

乳酸菌サプリの選び方1:効果で選ぶなら生菌の乳酸菌を選ぼう!

「乳酸菌サプリってたくさんあるから、どれを選べば良いのか分からない・・・。」

「生きたまま腸に届く乳酸菌だと、効果が高くなるのかな?」

乳酸菌の多くは酸や熱に弱いため、摂取しても胃酸で溶けて効果を失ってしまうサプリが多く、乳酸菌の健康効果を感じられないケースが多く見られました。

でも、生菌の乳酸菌なら、酸や熱に強いため、生きたまま腸まで届き、高い健康効果を得ることが出来ますよ。

乳酸菌サプリを選ぶなら、生菌の乳酸菌の入ったサプリを選びましょう(´∀`)

 

乳酸菌の生菌と死菌の違い

乳酸菌には生きたまま腸まで届く生菌と、胃酸や体温などで死んでしまう死菌の2種類があります。

生菌は酸や熱に強いので胃酸に溶ける事なく、乳酸菌を腸まで届ける事が出来ます。

死菌は、菌が死んでしまっている状態だから効果がないようなイメージがありますが、死菌は腸に入ると善玉菌のエサとなり腸内環境を整える効果があります。

ただ、死菌は善玉菌のエサとなり腸内環境を改善する効果はありますが、強い殺菌作用抗菌作用はありません。

乳酸菌サプリを選ぶ時は、生きたまま腸に届く生菌のサプリを選ぶことをおすすめします(´∀`)

乳酸菌のほとんどは胃酸で溶けて効果を失う

乳酸菌のほとんどは酸に弱いため、胃酸で溶けて効果を失ってしまいます

乳酸菌が多いサプリや食事を摂取しても、胃酸で溶けてしまっては効果を発揮する事が出来ません。

乳酸菌サプリには、タブレット・顆粒・カプセルがありますが、酸や熱に強いカプセルで保護した商品や、顆粒の粒自体に耐熱や耐酸化の作用のある商品もあります。

一部の乳酸菌サプリでは、ハードカプセルなどの保護がなくても、酸や熱に強く生きたま腸まで届くものもあります。

生きたまま腸まで届くのはクレモリス菌FC株と言う種類の乳酸菌の1つです。

乳酸菌サプリを選ぶときは、生きたまま腸まで届くクレモリス菌FC株配合のものがおすすめです(´∀`)

クレモリス菌は酸に強く生きたまま大腸に届く

乳酸菌の1種であるクレモリス菌は、生きたまま腸まで乳酸菌を届ける事ができます。

クレモリス菌は、カスピ海ヨーグルトに含まれる乳酸菌で、独特の粘り成分があり、酸に強い菌です。

クレモリス菌の強い粘り成分が、乳酸菌の効果を守りながら腸まで届ける事が出来ます。

クレモリス菌FC株を配合した乳酸菌サプリは少なく、ほとんどの乳酸菌サプリは熱や酸に弱い菌が配合されています。

乳酸菌サプリを選ぶときは、クレモリス菌FC株配合のサプリを選びたいですね(´∀`)

乳酸菌サプリの選び方2:効果で選ぶなら生で腸まで届く成分を選ぼう!

「生で腸まで届く乳酸菌にはどんなメリットがあるの?」

「生で腸まで届く乳酸菌が一般的だと思ってた!胃酸で溶けるなんて知らなかった。。。」

ほとんどの乳酸菌は熱や酸に弱いため、乳酸菌の含有量が多いサプリを摂取しても、胃酸で溶けてしまい、高い健康効果を得ることが出来ませんでした。

でも、クレモリス菌FC株配合の乳酸菌サプリは、熱や酸に強いため、生きたまま腸まで届ける事ができ、腸内フローラの改善に効果的です。

乳酸菌サプリを選ぶなら、クレモリス菌FC株配合のサプリを選びたいですね(´∀`)

乳酸菌が生で腸まで届くメリット1:善玉菌の増加

クレモリス菌は酸や熱に強く、生きたまま腸まで届ける事ができ、腸では善玉菌の増加に役立ちます。

腸に入ったクレモリス菌FC株は代謝により乳酸を生成します。

乳酸は腸内を弱酸性にする作用があり、善玉菌が好む腸内環境を整える事ができます。

腸内環境改善の鍵は善玉菌の増加にあり、乳酸菌を摂取すると善玉菌を増加させる事ができ、便秘改善・アレルギー軽減・免疫向上など様々な健康効果を得ることができます(´∀`)

乳酸菌サプリを選ぶときはクレモリス菌FC株配合のものを選ぶことをおすすめします(´∀`)

乳酸菌が生で腸まで届くメリット2:悪玉菌の減少

腸内には常在菌として、善玉菌・日和見菌・悪玉菌の3種類の菌があります。

この3種類の菌がバランス良く存在していれば腸内環境が整っていると言えます。

理想的な割合は、善玉菌2割・日和見菌7割・悪玉菌1割であると言われていますが、現代人の食生活の欧米化不規則な生活などで腸内環境が悪化している人が多いのが現状です。

現状では、善玉菌の割合が1割ほどの人が多く、腸内環境悪化による様々な不快症状アレルギーなどに苦しんでいます。

生きたまま腸に届く乳酸菌を摂取する事で善玉菌は増え、善玉菌が増えると腸内環境が改善し、悪玉菌の繁殖を抑制する事ができます。

悪玉菌の減少には、クレモリス菌FC株を代表とする生菌の乳酸菌サプリが効果的です。

乳酸菌が生で腸まで届くメリット3:腸内フローラが改善する

善玉菌・日和見菌・悪玉菌の割合が整った状態を腸内フローラのバランスが良い状態と言います。

腸内フローラは腸内環境の事であり、腸内フローラの改善は、悪玉菌の増加による不快症状やアレルギーの軽減につながります。

クレモリス菌FC株を代表とする生菌は、生きたまま腸まで届ける事ができるため、腸内が弱酸性となり善玉菌の増加につながります。

善玉菌が増加すると、悪玉菌の繁殖を抑制する事ができるので、腸内環境(腸内フローラのバランス)が整い、不快症状やアレルギーなどの症状を軽減することができます(´∀`)

乳酸菌サプリを選ぶときは、生きたまま腸まで届くプロバイオティクス乳酸菌配合のものを選ぶことをおすすめします(´∀`)

クレモリス菌FC株はカスピ海ヨーグルトに含まれる成分

クレモリス菌FC株は乳酸菌の一種で、カスピ海ヨーグルトに含まれる成分として有名です。

カスピ海ヨーグルトの強い粘り気は、乳酸菌を生で腸まで届けることができます。

強い粘りがあるクレモリス菌は、長く腸に留まる事ができるため、腸内環境の改善が期待できます。

乳酸菌サプリの選び方3:腸内フローラの改善をする成分を選ぼう!

「腸内フローラってよく聞くけど、意味がよく分からない。。。」

「腸内フローラが改善すると、便秘やアレルギーは改善するの?」

腸内フローラの改善のために、チーズキムチなどの発酵食品を食べても、乳酸菌の含有量が少なかったり、健康効果を得る事が出来ませんでした。

でも、乳酸菌を生きたまま腸に運ぶことができるクレモリス菌配合の乳酸菌サプリなら、腸内環境を改善して、アレルギーや不快症状を軽減する効果が期待できますよ。

クレモリス菌FC株の腸内フローラ改善1:便秘解消の効果

乳酸菌の代謝の時に生成される乳酸は、腸内を弱酸性にする作用があり、善玉菌の増加に役立ちます。

悪玉菌はアルカリ性を好むため、腸内環境が整っている状態では、悪玉菌を繁殖する事ができません。

善玉菌が増加し、悪玉菌の繁殖を抑制すると、腸内フローラのバランスが改善され、便秘解消に繋がります。

クレモリス菌FC株は便秘解消効果が期待できます。

クレモリス菌FC株の腸内フローラ改善2:血糖値上昇の抑制効果

乳酸菌は主に小腸に存在しています。

血糖をコントロールするホルモンであるインスリンは小腸で作られるため、小腸の腸内バランスが乱れていると、インスリンが上手く作用できません。

そのため乳酸菌の一種であるクレモリス菌FC株を摂取する事で、小腸内の腸内環境を改善する事ができ、血糖値上昇の抑制効果があります。

クレモリス菌FC株の腸内フローラ改善3:アトピー性皮膚炎の改善効果

乳酸菌の一種であるクレモリス菌は、アトピー性皮膚炎に効果があると立証されています。

クレモリス菌FC株は、カスピ海ヨーグルトに含まれる乳酸菌で、独特の粘り成分を生成します。

この粘り成分はEPSと呼ばれ、皮膚の炎症を抑制する作用があるため、アトピー性皮膚炎を改善することができます。

クレモリス菌FC株は生きたままで腸まで届く乳酸菌なので、腸内フローラの改善から高い健康効果が期待できます(´∀`)

クレモリス菌FC株の腸内フローラ改善4:免疫力の向上効果

乳酸菌は主に小腸に存在しており、小腸には免疫細胞の多くがあり、免疫機能の調整を行っています。

乳酸菌の一種であるクレモリス菌FC株は、生きたまま腸まで届けることができるため、小腸の腸内環境を整え、免疫機能の活性が期待できます。

また、クレモリス菌FC株の摂取により腸内フローラが改善される事で、悪玉菌の繁殖を抑制し、免疫機能の向上に役立ちます。

 

 

 

 

[ 乳酸菌サプリランキング ]乳酸菌の種類と代表的な効果・効能について

 

 

乳酸菌は現在350種類も確認されている!

「乳酸菌にも種類があるの?色々な名前があって、分かりにくい。。。」

「乳酸菌は種類が多すぎて、自分に合う乳酸菌なんて分からない!」

乳酸菌は350種類ほどあり、様々な食品やサプリに含有されているが、それぞれの効果や特徴を知らない方が多く、自分に合う乳酸菌の選び方が分からないケースが多く見られました。

でも、高い健康効果が期待できるプロバイオティクス乳酸菌なら、健康効果が実証されており、多くの人に効果的だと言えます。

乳酸菌サプリを選ぶときは、プロバイオティクス乳酸菌を含有しているものを選ぶ事をおすすめします(´∀`)

代表的な乳酸菌の効果と特徴について

「ヨーグルトにも色々な乳酸菌が入ってるみたいだけど、違いが分からない!」

「乳酸菌ならどれを選んでも効果があるんじゃないの?」

乳酸菌は350種類あり、また1人1人の腸内環境により合う乳酸菌が異なるため、どれを選べば健康効果が得られるのか分からないと言う声が多く聞かれました。

でも、乳酸菌の中でも代表的、プロバイオティクス乳酸菌を選べば、健康効果が実証されているため安心して飲むことが出来ますよ(´∀`)

代表的な乳酸菌1:ラクトバチルス・ガセリの効果と特徴

ラクトバチルス・ガセリ菌は、代表的な腸内乳酸菌です。

ラクトバチルス・ガセリ菌は、ピロリ菌の活動を抑制する働きが認められており、ピロリ菌を起因とする胃がんや胃潰瘍の発症を予防する事が可能です。

ラクトバチルス・ガセリ菌は、胃粘膜に付着しやすい性質があるため、胃炎や消化性潰瘍の発症を予防することが可能であると研究が進められています。

また、ガセリ菌SP株は、内臓脂肪を減らす作用があると実証されており、メタボリックシンドロームの解消にも役立つと期待されています。

代表的な乳酸菌2:ラクトコッカス・ラクティス・サブスピーシーズ・クレモリスの効果と特徴

ラクトコッカス・ラクティス・サブスピーシーズ・クレモリスは、生きたまま乳酸菌が腸に届くプロバイオティクス乳酸菌の1つです。

整腸作用はもちろん、アレルギー抑制・美肌効果・免疫向上など、様々な健康効果が期待されています。

プロバイオティクス乳酸菌は、生きたまま大腸まで乳酸菌が届く事を実証された菌であり、複数の厳しい条件をクリアしたものしか認定されないため、信頼度が高い乳酸菌の1つと言えます。

乳酸菌サプリを選ぶときは、プロバイオティクス乳酸菌の1つであるクレモリス菌FC株配合のものを選びたいですね。

代表的な乳酸菌3:ビフィドバクテリウム・ロングムの効果と特徴

ビフィドバクテリウム・ロングムはビフィズス菌の一種で、酸に強い性質を持つため、胃酸に溶けることなく、生きたまま腸まで届けることができます。

ビフィズス菌は腸の善玉菌の99%を占める菌であり、生きたまま腸に届く事で、腸内の善玉菌を増加させ腸内フローラを改善します。

また、ビフィズス菌は腸内フローラの改善に効果的で、腸内フローラの改善と共に整腸作用アレルギー症状の軽減コレステロールの減少腫瘍の抑制など、様々な健康効果が期待できます。

代表的な乳酸菌4:ラクトバチルス・デルブレッキ・サウスブ・ブルガリカズの効果と特徴

ヨーグルトに含まれる代表的な乳酸菌の1つです。

ラクトバチルス・デルブレッキ・サウスブ・ブルガリカズは、整腸作用に優れた乳酸菌です。

最近の研究では、ラクトバチルス・デルブレッキ・サウスブ・ブルガリカズは、腸内フローラのバランスを整える「抗菌ペプチド」の発言にも大きく関係している事が分かっています。

代表的な乳酸菌5:ビフィドバクテリウムの効果と特徴

ビフィドバクテリウムは、生きたまま腸まで届ける事ができるビフィズス菌の1つです。

腸内フローラの改善に伴い、便秘の解消に有効とされ、強い整腸作用があります。

乳酸菌やビフィズス菌は食事の摂取のみでは不十分のため、便秘・アレルギー・アトピー性皮膚炎・メタボリックシンドローム・高コレステロールなど、気になる症状のある方は、サプリメントでの補給をおすすめします。

 

 

[ 乳酸菌サプリランキング ]腸活に効果的な飲み方と注意点

 

 

 

乳酸菌サプリは3ヶ月の期間を目安に継続しよう!

「乳酸菌サプリって即効性はないの?すぐに便秘解消したい!」

「乳酸菌サプリって継続しないとダメなの?どのくらい継続したら効果が分かるの?」

乳酸菌は、摂取しても3~7日ほどで腸から排出されてしまい、腸に長く留まる事ができないため、定期的に食品やサプリで補給しなければ腸内フローラの改善は見込めませんでした。

でもクレモリス菌FC株のように、腸に長く留まる乳酸菌を含むサプリを飲む事で、腸内フローラのバランスを改善する事ができます。

体の内側からの健康を目指すなら3ヶ月間は、乳酸菌サプリを継続する事をおすすめします(´∀`)

乳酸菌サプリの「善玉菌のチカラ」はプロバイオティクス乳酸菌配合で腸内環境改善が期待できます。

便秘解消ならすぐに効果を実感する人もいる。

乳酸菌サプリは薬品ではないため即効性はなく、毎日飲み続ける事で健康効果を得ることができます。

でも、便秘解消の効果なら乳酸菌サプリの摂取の翌日や数日内に排便が見られることもあり、速攻性があると感じる人もいます。

腸内環境は1人1人異なるため、同じ乳酸菌サプリを摂取しても健康効果の表れ方は人により違います。

そのため、便秘改善に即効性を感じる人もいるんですね。

乳酸菌サプリを選ぶときは、プロバイオティクス乳酸菌配合で健康効果が高いものを選びたいですね。

腸内フローラの改善には3ヶ月必要!

腸内フローラのバランスは、善玉菌・日和見菌・悪玉菌のバランスにより決まります。

善玉菌は弱酸性の環境を好み、悪玉菌はアルカリ性の環境を好みます。

乳酸菌が生成する乳酸は弱酸性のため、乳酸菌を飲み続けることで腸内が弱酸性に傾き、善玉菌が増加する環境を整えることができます。

腸内が弱酸性に傾くと、アルカリ性を好む悪玉菌は繁殖ができなくなり、数が減少していきます。

乳酸菌サプリを継続して3ヶ月摂取すると、腸内環境は改善し、さまざまな健康効果を実感できるようになります。

乳酸菌は多くの量を一気に摂取するのではなく、少しづつを毎日摂取することが重要なので、毎日コツコツと3ヶ月間続けてみましょう!

毎日継続して飲むなら安全で安心なプロバイオティクス乳酸菌配合の乳酸菌サプリを選びたいですね。

乳酸菌サプリの効果的な飲み方☆飲むタイミングで効果に差が出る

乳酸菌サプリは食品の扱いのため、1日のどの時間帯に飲んでも問題ありません

でも、乳酸菌の特徴を知っていれば、乳酸菌サプリの摂取は食後が良いと分かると思います。

乳酸菌は多くが熱や酸に弱いため胃酸で溶かされ効果をなくしてしまいますが、クレモリス菌FC株のような一部の乳酸菌のみ、長く腸に留まる特徴があることが分かりました。

乳酸菌サプリを選ぶときは、長く腸に留まるクレモリス菌FC株配合のものを選びたいですね(´∀`)

乳酸菌は胃酸に弱い!食後に摂取したほうが良い!

乳酸菌の多くは熱や酸に弱く、食品やサプリで補給しても、胃酸で溶かされ効果をなくしてしまいます

乳酸菌サプリを食後に摂取したほうが良いのは、食事摂取後なら胃酸は食品の消化のために使われ、胃酸は薄まっています。

食後なら胃酸は薄まり、他の食品と一緒に小腸や大腸まで届くことができます。

特に指定はありませんが、乳酸菌サプリをより効果的に摂取するなら、食後のタイミングで飲むと良いですね(´∀`)

 

関連記事:[乳酸菌サプリの効果的な飲み方]食物繊維・オリゴ糖の同時摂取で腸内フローラを改善する!

空腹時に乳酸菌サプリを摂ると胃酸で溶けてしまう?

空腹時は胃の中に食物がない状態だと言えます。

胃の中に食物がない状態は、胃酸が濃い状態と言えます。

乳酸菌の多くが熱や酸に弱く、胃液で溶けて効果を失ってしまいます。

でも、クレモリス菌FC株なら熱や酸に強く、生きたまま腸に届けることができるため、腸内フローラの改善が期待できます。

より効果を早く実感したい人は、乳酸菌サプリ[クレモリス菌FC配合]を毎日飲むことをおすすめします(´∀`)

タブレットタイプの乳酸菌サプリは注意が必要!

「乳酸菌サプリってカプセルとかタブレットとかあるけど、どっちが良いのか分からない!」

「タブレットだと、すぐに溶けちゃうから意味ない気がするけど。。。」

タブレットタイプの乳酸菌サプリは、胃酸で溶けてしまい効果を得られないものが多く、乳酸菌を生きたまま腸まで届けることが出来ませんでした。

でも、酸や熱に強いタイプのクレモリス菌FC株のような乳酸菌なら、胃酸に強いため、乳酸菌を生きたまま腸まで届けることができます。

生きたままの乳酸菌は、小腸にダイレクトに届き腸内環境を改善するため、健康効果を得ることが出来ますよ(´∀`)

 

タブレットタイプでは乳酸を腸まで生きたまま届けられない?

タブレットタイプの乳酸菌サプリは、胃の酸や体温に弱く、せっかく摂取しても生きたままの乳酸菌を腸に届けることが出来ませんでした。

乳酸菌は生きている状態で得られる健康効果と、死菌になってしまってからの健康効果は異なります。

死菌になってしまっても、善玉菌のエサとなるので腸内環境の改善には役立ちますが、乳酸菌が持つ小腸の免疫機能向上や、コレステロールの低下血糖値の低下など、様々な健康効果は生菌でなければ充分に得ることは出来ません。

乳酸菌を選ぶときは、酸や熱に強く、生きたまま腸までダイレクトに届くものを選びましょう(´∀`)

クレモリス菌ならタブレットタイプでも胃酸に溶けずに腸まで届く

乳酸菌の一種であるクレモリス菌FC株は、生きたまま腸まで届くプロバイオティクス乳酸菌す。

クレモリス菌FC株は、タブレットであっても胃酸に溶けることなく、乳酸菌をダイレクトに腸に届けることができます。

クレモリス菌FC株が配合された乳酸菌サプリは少なく、クレモリス菌FC株のようにプロバイオティクス乳酸菌に指定されている乳酸菌も数が少ないのです。

乳酸菌サプリを選ぶときは、健康効果が実証されているプロバイオティクス乳酸菌(クレモリス菌FC株配合)の乳酸菌サプリを選ぶことをおすすめします(´∀`)

ハードカプセルタイプの乳酸菌サプリでも生きて腸まで届かない

乳酸菌を生きたままで届けるために、酸や熱に弱いタイプの乳酸菌サプリでは、ハードカプセルにしている商品が多いです。

でも、酸に弱いタイプの乳酸菌は、体温や熱などにも弱いため、生きたまま腸まで届いても、カプセルが溶けた後は乳酸菌も溶けてしまい効力を失います。

乳酸菌が生きたまま腸まで届ければ終わりではなく、長く腸に留まることが重要であるため、ハードカプセルの乳酸菌サプリでは、長く腸に留まることができないため、意味がありません。

乳酸菌サプリを選ぶときは、生きたまま腸まで届き、長く腸に留まることができるクレモリス菌FC株配合の乳酸菌サプリを選ぶことをおすすめします(´∀`)

腸内に長時間とどまるタイプの乳酸菌サプリを選ぼう!

酸や熱に強いタイプのクレモリス菌FC株のような乳酸菌は、生きたまま腸まで届き、長く腸に留まることで様々な健康効果を発揮します。

酸や熱に弱いタイプの乳酸菌では、生きたまま腸に届くことはできず、また長く腸に留まる事もできません。

胃酸で溶けてしまった乳酸菌は、腸では善玉菌のエサとなります。

つまり、食物繊維と同じ役目と言う事になります。

食物繊維をとっても、免疫向上、アレルギー症状の軽減、コレステロール値の低下、血糖値の低下の役割はないように、胃酸で溶けてしまうタイプの乳酸菌では、これらの健康効果を得る事はできないのです。

乳酸菌サプリで腸内環境を改善し、整腸作用・便秘解消・コレステロール値低下・血糖値低下・抗腫瘍・抗アレルギー・抗アトピーなど多くの健康効果を期待する方は、クレモリス菌FC株のようなプロバイオティクス乳酸菌を選ぶ事をおすすめします。

 

 

 

[ 乳酸菌サプリランキング ]乳酸菌サプリを摂り過ぎても副作用の心配はない

 

乳酸菌サプリの過剰摂取による副作用の報告はない

「乳酸菌って取りすぎると下痢したりするんじゃない??」

「会社もあるし、乳酸菌で下痢とか腹痛になったら困るな。。。」

乳酸菌を多く含むヨーグルトや乳製品などで下痢や腹痛などの症状を経験した方は、乳酸菌サプリでも副作用がでるのではと不安に思っているケースが多く見られました。

でも、乳酸菌サプリの過剰摂取による副作用の報告はなく、多く取りすぎてしまっても、腹痛や下痢便秘の悪化などの副作用を心配する必要はありません。

 

乳酸菌サプリによる腹痛や下痢の副作用はない

乳酸菌を多く含むヨーグルトやチーズなどで下痢や腹痛の症状が出る方の多くが、お腹の冷えや乳製品アレルギーなどが原因となっています。

ヨーグルトやチーズを食べると必ず下痢をしたり腹痛が起こる人は、乳製品が体に合わない体質であることが多く、これは日本人に多い体質だと言われています。

でも、乳酸菌サプリはほとんどの商品が、1日1~2錠(または1袋~2袋)であり、常温で摂取します。

乳製品のように冷たい状態で摂取したり、たくさんの量を摂取する必要がないため、お腹に負担をかけることもありません。

乳酸菌サプリは即効性のあるものではなく、毎日飲むことで徐々に腸内環境を改善していくものなので、腹痛や下痢などの副作用を心配する必要はありません。

乳酸菌サプリは副作用を心配せずに腸内フローラの改善が期待できます。

乳酸菌サプリによる便秘悪化の副作用はない

便秘が日常的に続いている人は、乳酸菌サプリを取ることで、便秘が余計に悪化するのではないかと不安に思っている人もいます。

乳酸菌サプリで便秘の悪化の副作用の報告はないので、心配はありません。

 

関連記事:[乳酸菌サプリの効果と副作用]乳製品アレルギーでも乳酸菌サプリは飲める!

 

日常的に便秘が続いている人は、腸の蠕動運動が正常に行われていなかったり、食物繊維が不足していたりなど様々な原因がありますが、全ては腸の善玉菌が減少していることが主な理由となっているケースがほとんどです。

乳酸菌サプリを摂取することで腸の善玉菌が増加し、腸内フローラのバランスが整い、腸の蠕動運動を正常にする働きもあるため、毎日摂取することで、排便の習慣をつけることができます。

日常的に便秘が続いている状態では、悪玉菌が増加し善玉菌が減少してしまい、腸内フローラのバランスが悪くなる一方です。

便秘解消は腸内フローラのバランスを整え、便秘や便秘に伴う不調や様々な症状を改善することが出来ますよ(´∀`)

善玉菌のチカラはプロバイオティクス乳酸菌配合で高い健康効果が期待できます(´∀`)

乳酸菌サプリによるおならやお腹の張りの副作用はない

日常的に便秘が続いていると、悪玉菌が繁殖し、様々な悪い物質を生成することで、ガスが発生し腹部膨満感おならなどの原因となります。

便秘体質の人のお腹は常にガスが溜まり、腹部膨満感を感じている方が多いです。

悪玉菌が繁殖している状態では、腸の蠕動運動が正常に行われないため、ますます便秘体質となってしまう悪循環となります。

便秘体質で常に便やガスが溜まっていると、腹部膨満感やおならが多いなどの悩みだけでなく、肌荒れ・易疲労感・花粉症やアトピーなどのアレルギー症状の悪化など様々な健康被害が見られます。

乳酸菌サプリは、腸の善玉菌を増加させ腸内フローラのバランスを整えます。

善玉菌が増加することで、悪玉菌は住みにくくなり次第に減少していきます。

腸内フローラのバランスを改善する鍵は、乳酸菌サプリを摂取することです(´∀`)

腸内フローラと乳酸菌サプリの作用と副作用について

「腸内フローラって何?よく聞くけど分からない!」

「乳酸菌サプリって合う合わないがあるって本当?合わないと副作用が出るの?」

腸内フローラは年齢や食生活、ライフスタイルなどのよって1人1人異なることを知らないケースが多く、腸内フローラの改善方法が分からない人が多く見られました。

でも、クレモリス菌FC株のような生きたまま乳酸菌を腸まで届けるタイプの乳酸菌サプリなら、腸に長く留まることで腸内フローラのバランスを改善することができます。

乳酸菌は腸の状態(腸内フローラ)によって合う合わないがありますが、長く腸に留まるタイプの乳酸菌を選ぶことで、副作用の心配もなく健康効果を得ることが出来ますよ(´∀`)

 

 

腸内フローラのバランスは1人1人異なる理由

腸内フローラのバランスは、腸内の善玉菌・日和見菌・悪玉菌のバランスにより異なります。

善玉菌・日和見菌・悪玉菌は、食生活や年齢・性別などの背景により増減するため、1人1人で腸内フローラのバランスが異なります

外食が多い人や高カロリーの食事を好む人は悪玉菌が増殖しやすかったり、年齢を重ねると自然と善玉菌の割合が減り悪玉菌の割合が増えてきます。

腸内フローラのバランスは食生活や、生活背景により変化するため、日頃から食物繊維が多い食事をとり、バランスの良い食事をとっている人は排便の習慣がついており、腸内フローラのバランスが整っているケースが多いです。

腸内フローラのバランスを整える鍵は乳酸菌の摂取にあり、乳酸菌を摂取することで腸の善玉菌を増加させると、腸内フローラのバランスが整い、便秘知らずの健康体質に近づくことが出来ますよ(´∀`)

腸内環境によって合う乳酸菌の種類は異なる

1人1人で腸内環境(腸内フローラのバランス)が異なるように、それぞれの体質によって合う乳酸菌の種類が異なります

乳酸菌は350種類以上もあり、それぞれ棲んでいる場所や働きが異なります。

そのため、たくさんある乳酸菌の種類から、自分にあった乳酸菌を知ると言うことは難しいのです。

乳酸菌サプリは、複数の種類の乳酸菌を配合している商品や、プロバイオティクス乳酸菌に指定されている1種類のみの乳酸菌を配合している商品、乳酸菌にビフィズス菌を加えた商品など、様々なタイプの商品があります。

どの乳酸菌を選べばよいのかも分からないのに、これだけ多くの乳酸菌サプリの中から、どれが自分に合っているのかなんて分かりませんよね?

でも、健康効果が実証されており、副作用の心配もないと認められた、プロバイオティクス乳酸菌なら、健康効果を感じることができますし、プロバイオティクス乳酸菌は長く腸に留まるタイプの乳酸菌のため、便秘解消以外にも多くの健康効果が期待できます(´∀`)

長く腸に留まる乳酸菌なら腸内環境改善が期待できる

どの種類の乳酸菌を選べばよいのか分からない方は、プロバイオティクス乳酸菌を選べば失敗することはありません

プロバイオティクス乳酸菌は、健康効果や安全性などが認められた乳酸菌で、厳しい条件を全てクリアしている乳酸菌です。

プロバイオティクス乳酸菌は、生きたまま腸に届くことが立証されたものなので、より高い健康効果を実感することができます。

また、プロバイオティクス乳酸菌は、長く腸に留まることができる乳酸菌で、腸内環境(腸内フローラ)を整えるだけでなく、小腸の粘膜を補修し、花粉症やアトピー性皮膚炎などの解消、メタボリックシンドロームの改善、血糖値の減少など、様々な健康効果を得ることができます。

乳酸菌サプリの選び方が分からない方は、プロバイオティクス乳酸菌の1つである、クレモリス菌FC株配合の乳酸菌サプリを選ぶことをおすすめします(´∀`)

カスピ海ヨーグルト由来のクレモリス菌FC株は長く腸に留まる

乳酸菌の一種であるクレモリス菌FC株は、プロバイオティクス乳酸菌に指定されており、生きたまま腸まで届くことが立証されています。

多くの乳酸菌は酸や熱に弱く、胃酸で溶けて効果を失ってしまいますが、クレモリス菌FC株などのプロバイオティクス乳酸菌は、酸や熱に強く、生きたまま乳酸菌を腸まで運ぶことができます。

クレモリス菌FC株は、カスピ海ヨーグルトに含まれる乳酸菌で、独特の強い粘り成分があります。

この粘り成分はEPSと呼ばれ、この成分は免疫細胞を活性化する働きがあることが分かっています。

また、この粘り成分で、乳酸菌を力強く腸まで届けることができます。

免疫細胞が活性化すると、インフルエンザノロウィルスなどの強い感染力のある感染症にかかりにくくなったり、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を軽減する効果があります。

また、EPS成分は食後の血糖値の上昇を緩やかにすることから、内臓脂肪の軽減コレステロール値を軽減する効果があります。

カスピ海ヨーグルトに含まれるクレモリス菌FC株は、ほとんどのヨーグルトには含まれていない菌で、多くの健康効果が立証されたプロバイオティクス乳酸菌の1つです。

乳酸菌サプリによる一時的な好転反応の可能性について

「乳酸菌サプリで一時的にアトピーが悪化したりしないかな。。。」

「花粉症とかアレルギーの人って、好転反応が出やすいって聞くけど本当?」

内服薬や様々なサプリメントは、症状が改善していく過程で好転反応が起きるケースが多く、副作用と勘違いしてしまったり、症状悪化が辛く内服を辞めてしまうケースが多く見られました。

でも、乳酸菌サプリでは副作用の報告はなく、即効性での症状改善ではなく、毎日続けることで徐々に症状改善をするものであるため、好転反応や副作用を心配する必要はありません

 

乳酸菌サプリは副作用よりも作用が得られない事が問題である

乳酸菌サプリは、副作用の報告はなく安心して飲むことができますが、副作用よりもネックとなるのが、乳酸菌サプリの効果や作用を実感できないことです。

乳酸菌サプリは即効性を期待するものではなく、毎日飲み続けることで効果を実感できるようになります。

そのため、効果がないからと短期間で服用を辞めてしまうと、腸内環境は元に戻ってしまいます

腸内フローラのバランスは、善玉菌が活性化しているときは、腸内が弱酸性になっており、悪玉菌が繁殖できない環境となっています。

でも、乳酸菌サプリの摂取を辞めてしまうと、善玉菌の活性が止まり、腸内は自然とアルカリ性に傾き、悪玉菌が増殖しやすい環境となり、腸内フローラのバランスが崩れてしまいます。

善玉菌が活性化しているときは、日和見菌は善玉菌を助ける作用をし、逆に悪玉菌が繁殖しているときには、日和見菌は悪玉菌を助ける作用をしてしまいます。

つまり、常に善玉菌が活性化している状態を保つことが腸内フローラのバランスを整えることになります。

そのためにも、毎日少しづつ乳酸菌を摂取することをおすすめします。

体内から体質改善が実感できるまでには、少なくても3ヶ月は必要です。

乳酸菌サプリを3ヶ月間飲み続けることで、体内から体質改善が実感でき、様々な健康効果が得られるようになりますよ(´∀`)

善玉菌のチカラは、乳酸菌サプリランキング1位の乳酸菌サプリです。

乳酸菌サプリの効果が得られない原因は腸内環境にある

乳酸菌サプリを飲んでみたけど、効果が実感できないと言う方がいます。

これは、その人の腸内環境と、乳酸菌の種類があっていない可能性が高いと言えます。

乳酸菌は350種類以上あり、それぞれに棲む場所や作用が異なります。

350種類以上もある乳酸菌の中から、自分の腸内環境にあった乳酸菌を選ぶのは難しいですよね?

でも、健康効果が実証されているプロバイオティクス乳酸菌なら、乳酸菌を生きたまま腸に届けることができるため、より高い健康効果を得ることが出来ますよ(´∀`)

また、どのような腸内環境(腸内フローラのバランス)であっても、プロバイオティクス乳酸菌なら効果が実証されているので、どのタイプの方でも健康効果が期待でき、安心して飲むことができます。

 

 

[ 乳酸菌サプリランキング ]効果が高くて安い乳酸菌サプリを選ぼう!

 

 

定期コースでお得に乳酸菌サプリを買おう!

「乳酸菌サプリってどのくらい続けないとならないの?やっぱり安いほうが続けやすいな。」

「初回から定期コースの申し込みってちょっと不安。。。もし効果がなかったら嫌だし・・・。」

ドラッグストアなどの乳酸菌サプリは、値段は安いが効果は得られないものが多く、もちろん定期コースもないことから、コスパの高い乳酸菌サプリはドラッグストアで買うことは出来ませんでした。

でも、ネットからの購入なら定期コースに申し込むことで安く購入することができ、効果が実感できない場合には返品やコースの解約も可能であり、コスパの高い購入が可能です。

 

 

乳酸菌サプリは3ヶ月以上の継続がおすすめ!

乳酸菌サプリは、3ヶ月ほどの継続をおすすめしている商品が多いです。

それは、乳酸菌サプリを摂取することで、腸内の善玉菌が増加し、腸内フローラのバランスが改善することで、健康効果が得られるまでには3ヶ月ほどの期間が必要だからです。

乳酸菌サプリは即効性のあるものではなく、毎日続けることで確実な健康効果を実感することができます。

体の内側からの体質改善には、3ヶ月以上が必要であり、完全な体質改善となると6ヶ月以上かかるケースが多いです。

コスパの高い乳酸菌サプリなら、無理なく続けることができますね(´∀`)

善玉菌のチカラは乳酸菌サプリランキング1位のおすすめの乳酸菌サプリです。

定期コースの解約が自由にできる乳酸菌サプリを選ぼう!

ネットの公式サイトからの申し込みでは、多くの乳酸菌サプリは定期コースでの購入が可能です。

定期コースのメリットは、定価よりも安く購入できると言う点と、翌月以降の商品が注文を忘れてしまっても自動で届くので、サプリを継続して飲み続けられると言う点です。

定期コースは、初回が安く購入できるメリットがありますが、もし商品が合わなかっり、効果が実感できなかった場合には、いつでも定期コースの解約ができる商品を選びましょう。

善玉菌のチカラは乳酸菌サプリランキング1位の人気商品です(´∀`)

乳酸菌サプリは安いだけの理由で選ばないで!

「乳酸菌サプリってどのくらいの値段のものを選べば良いの?高い方が効果も早く感じるの?」

「どのサプリも効果が変わらないなら、安いものが良いな~」

乳酸菌サプリを安いからと言う理由だけで選んでしまい、健康効果を実感することができなかったと言うケースが多く見られました。

でも、乳酸菌サプリは、効果を実感できる成分が配合されているものと、効果が期待できないものがあり、乳酸菌サプリを選ぶときは値段だけでなく、効果が時間できる成分が配合されているものを選ぶことで、料金は抑えつつ高い効果を得ることが出来ますよ。

 

 

コスパのよいい乳酸菌サプリは[カスピ海ヨーグルト]由来がおすすめ

コスパの良い乳酸菌サプリには、フジッコ株式会社の「善玉菌のチカラ」がおすすめです。

善玉菌のチカラは、カスピ海ヨーグルトに含まれるクレモリス菌FC株と言う、プロバイオティクス乳酸菌を配合しており、乳酸菌を生きたまま腸まで届け、高い健康効果を得ることができます。

善玉菌のチカラは、他の乳酸菌サプリに比べてコスパも高く、続けやすいのもメリットですね。

関連記事:[乳酸菌サプリの効果と価格]安いだけじゃない!コスパが良い乳酸菌サプリの選び方

 

カスピ海ヨーグルト由来のクレモリス菌入りの乳酸菌サプリ

プロバイオティクス乳酸菌の1つであるクレモリス菌FC株を配合した乳酸菌サプリなら、「善玉菌のチカラ」がおすすめです。

クレモリス菌FC株は、カスピ海ヨーグルトに含まれる乳酸菌で、強い独特の粘り成分が特徴です。

この強い粘りによって、乳酸菌が生きたまま腸まで届くことができます。

また、プロバイオティクス乳酸菌に指定されているクレモリス菌FC株は、乳酸菌を生きたまま腸まで届けられることが実証されている、健康効果が高い乳酸菌です。

カスピ海ヨーグルトに含まれるクレモリス菌FC株をサプリに配合しているケースは少なく、「善玉菌のチカラ」はコスパが高く、続けやすいのもおすすめのポイントです(´∀`)

 

 

[乳酸菌とビフィズス菌の違いを比較]乳酸菌サプリはメリットはたくさん!

 

 

乳酸菌サプリは小腸と大腸の両方で生きることが出来るがビフィズス菌は大腸でしか生きられない

「ビフィズス菌と乳酸菌って何が違うの?同じようなものでしょ?」

「乳酸菌なら便秘解消の効果くらいしかないんでしょ?」

ビフィズス菌と乳酸菌の区別が曖昧なため、どのような効果を期待してサプリメントを選べばよいのか分からないと言う声が多く聞かれました。

でも、クレモリス菌FC株のような健康効果が立証されているプロバイオティクス乳酸菌なら、乳酸菌のメリットや健康効果を実感することができます(´∀`)

生きて腸まで届く乳酸菌サプリは小腸の働きを活性化する

生きて腸まで届くことが立証されているプロバイオティクス乳酸菌なら、小腸まで届き、小腸の働きを活性化することができます。

小腸には多くの役割があり、主な役割として免疫をコントロールし、アレルギー症状の改善や、感染症の予防、抗腫瘍などがあります。

つまり、腸内フローラのバランスが整っている人は、免疫が強く、感染症の予防や癌の発症を抑える、アレルギー症状を改善するなど、健康な生活を送ることができます。

健康で長生きしている人の多くが、乳酸菌を多く含むヨーグルトを好んで食べていると言う現実からも、健康な生活には乳酸菌は欠かせない存在と言えます!

 

 

 

生きて腸まで届く乳酸菌サプリは大腸の働きを活性化する

乳酸菌は、体のあらゆる臓器に存在し、様々な働きをしています。

善玉菌の99%はビフィズス菌で、残りの1%が乳酸菌となっています。

乳酸菌の割合は圧倒的に少ないのですが、とても重要な役割を果たしています。

生きたまま腸に届くプロバイオティクス乳酸菌は、大腸の働きを活性化します。

大腸の主な働きは、水分やミネラルを吸収し便を作ります。

つまり、大腸の機能を活性化すると、排便機能の改善や整腸作用が得られるようになります。

乳酸菌は、小腸と大腸の両方に入ることができますが、ビフィズス菌は大腸でしか生きることのできない菌のため、ビフィズス菌を摂取しても小腸の働きを活性化することはできません

関連記事はこちら:[乳酸菌、ビフィズス菌の効果の違い]小腸機能を改善する乳酸菌サプリで体質改善!

 

便秘解消や整腸作用と言う点では、乳酸菌よりもビフィズス菌の方が効果的と言えます。

でも、乳酸菌は小腸と大腸の両方で生きることができるので、腸内環境の改善以外にも、様々な健康効果が期待できます。

善玉菌のチカラは乳酸菌サプリランキング1位の人気サプリです。

ビフィズス菌サプリの主な作用は便秘解消作用

ビフィズス菌は嫌気性菌と言い、酸素のある場所では生きることのできない菌です。

人間の臓器で酸素がない場所は大腸しかないため、ビフィズス菌は大腸でしか生息することができません。

そのため、ビフィズス菌は大腸に留まり、大腸の機能を活性化します。

大腸に入ったビフィズス菌は、善玉菌のエサとなり、悪玉菌の増殖を抑えます。

悪玉菌の増殖を抑えることで善玉菌が活性化し、腸内が弱酸性に傾きます。

悪玉菌は弱酸性の環境に弱く繁殖ができないため、腸内フローラのバランスが改善します、

便秘解消や整腸作用で求める方は、乳酸菌よりもビフィズス菌の方が、高い整腸効果を実感できますが、ビフィズス菌は大腸でしか留まることができないため、小腸の機能を活性化することはできません

乳酸菌は小腸・大腸の両方に留まり、小腸・大腸の機能を活性化することができます。

善玉菌のチカラは乳酸菌サプリランキング1位の人気サプリです。

乳酸菌サプリで免疫細胞を活性化!アトピーや花粉症などのアレルギー症状を軽減

生きて腸まで届くことが立証されているプロバイオティクス乳酸菌の1つであるクレモリス菌FC株は、小腸の働きを活性化することが分かっています。

小腸にはたくさんの働きがあり、特に「腸管免疫系」と言われる免疫システムがあり、臓器の中で最も免疫細胞が集まる場所と言われています。

体内で最も多くの免疫細胞が集まる小腸の働きを活性化することで、免疫が活性化し、アトピー性皮膚炎・花粉症などの様々なアレルギー症状が改善することが分かってきました。

アトピー性皮膚炎花粉症などのアレルギー疾患に悩む方は、乳酸菌サプリで腸内環境を整えて、免疫機能を活性化することで、アレルギー症状を軽減することができます(´∀`)

アレルギー体質の方の多くが、腸内フローラのバランスが悪く免疫システムの機能が弱くなっています。

乳酸菌サプリで腸内フローラのバランスを整え、免疫システムを活性化し、アレルギー体質を改善しましょう。

乳酸菌サプリが免疫細胞を活性化する仕組みについて

生きたまま小腸に入った乳酸菌は、腸の粘膜を補修し、小腸の機能を活性化します。

小腸には多くの免疫細胞が集まり、免疫システムの機能がありますが、腸内環境が悪い状態だと、悪玉菌が発生させる物質などにより腸の粘膜が傷んでしまい、免疫システムが働きにくい状態になります。

免疫システムは、体外から入ってきたウィルスや、体内で発生した癌細胞などを抑制する働きがあり、免疫システムが活性化している人は、インフルエンザやノロウィルスなどの強い感染力を持つ感染症にもかかりにくく、癌を予防する事もできます。

乳酸菌は小腸で生きることができるため、小腸の粘膜を保護することができますが、ビフィズス菌は小腸では生きることができないので、免疫システムにダイレクトに影響を与えることはできません。

プロバイオティクス乳酸菌配合の善玉菌のチカラなら、生きたまま乳酸菌を腸まで届けることができ、高い健康効果が期待できます(´∀`)

 

プロバイオティクス乳酸菌で腸内環境が改善する

「プロバイオティクス乳酸菌って何?何かメリットがあるの?」

「乳酸菌とビフィズス菌の違いが良くわからないから、どっちを選べばよいのか分からない。」

多くの乳酸菌サプリは、酸や熱に弱く、胃酸で溶けて効果を失ってしまい、健康効果を得ることは出来ませんでした。

でも、プロバイオティクス乳酸菌は熱や酸に強く、生きて腸まで届くと立証されているため、高い健康効果を得ることが出来ますよ。

 

乳酸菌サプリは小腸と大腸の両方の腸内環境を改善する

乳酸菌サプリとビフィズス菌サプリの大きな違いは、乳酸菌サプリは「小腸と大腸の両方で生きる」ことが可能な菌で、ビフィズス菌サプリは「大腸でのみ生きる」ことが可能な菌と言う点です。

乳酸菌サプリなら、小腸と大腸の両方で生きることができるため、より高い健康効果が期待できます。

乳酸菌サプリは、小腸の機能の活性化大腸の機能の活性化の両方が可能です。

乳酸菌サプリは、小腸と大腸の両方の腸内環境を整えることが可能であり、腸内フローラのバランスが整い、高い健康効果を得ることができます。

ビフィズス菌サプリは大腸の腸内環境しか改善できない

ビフィズス菌は大腸でのみ生きることのできる菌であり、乳酸菌のように小腸で生き、小腸の機能を活性化することはできません。

ビフィズス菌は善玉菌の99%を占め、年齢と共に減少していくことがわかっていますが、ビフィズス菌サプリだけを摂取しても高い健康効果を得ることは難しいのです。

乳酸菌は善玉菌の1%と割合は圧倒的に少ないのですが、小腸と大腸の両方の機能を活性化し、腸内フローラのバランスを整えることができるので、「乳酸菌サプリの方が、より腸内フローラの改善には必要」だと言えます。

プロバイオティックス乳酸菌は腸内環境の改善が立証されている

プロバイオティックス乳酸菌として認められるためには、以下の7つの条件をクリアする必要があります

プロバイオティクス乳酸菌の条件

条件1 食品や医薬品として安全性が保証されている
条件2 胃酸や胆汁酸などの影響を受けることなく腸まで届く
条件3 腸内粘膜へ付着し、増殖できる
条件4 腸内環境を整え、腸内に腐敗物質を増やす悪玉菌を減らすことができる
条件5 抗菌性物質を生産し、がんなどの病気を予防することができる
条件6 摂取・飲用が簡単である
条件7 商品としての生産性があり、なおかつ価格が安価である

 

上記4のプロバイオティックス乳酸菌の条件を見ると、「腸内環境を整え、腸内に腐敗物質を増やす悪玉菌を減らすことができる」とあり、腸内フローラの改善が立証されていることが分かります。

フジッコ株式会社の乳酸菌サプリ「善玉菌のチカラ」はプロバイオティクス乳酸菌の1つである、クレモリス菌FC株を配合しており、高い健康効果が期待できます。

乳酸菌は善玉菌の1%しかないが重要な役割を果たす

乳酸菌は善玉菌の1%で、残りの99%はビフィズス菌が占めています。

ビフィズス菌は年齢と共に減少するため、積極的に摂りましょう!と言われますが、乳酸菌の必要性にはあまり触れられていません。

乳酸菌はビフィズス菌とは違い、酸素のある場所でも生息することができるため、小腸に生息し、小腸の機能を活性化することができます。

でも、ビフィズス菌は酸素のある場所では生息することができない嫌気性菌のため、大腸でしか生息することができません。

小腸はとても大事な役割を果たしているため、ビフィズス菌を摂取しても小腸の機能を活性化することができないため、乳酸菌が必要となります。

乳酸菌は、小腸にも大腸にも生息することができるので、どちらの機能も活性化することができます。

小腸の主な機能には免疫コントロールがあり、小腸の機能が活性化されると、免疫が向上し、あらゆる感染症や風邪にかかりにくくなるだけでなく、癌細胞を抑制したり、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患を軽減する事もできます。

たった1%しか占めない乳酸菌ですが、健康な体にとって欠かすことのできないものですね。

乳酸菌サプリランキグ1位の善玉菌のチカラは高い健康効果が立証された、プロバイオティクス乳酸菌配合です。

乳酸菌サプリは血糖値の急上昇を抑え動脈硬化を予防する

「乳酸菌と血糖値って、どんな関係があるの?あまり関係が深いイメージはないけど。。。」

「血糖値が急上昇するとどんなデメリットがあるの?本当に乳酸菌で血糖の急上昇を抑えられるの?」

多くの乳酸菌サプリは胃酸で溶けてしまい、生きたまま腸に届けることができないため、小腸の機能を活性化し、血糖値の急上昇を抑える役割を果たせませんでした。

でも、プロバイオティクス乳酸菌なら生きたまま腸に届くため、小腸の働きを活性化し、血糖の急上昇を抑えることができます。

プロバイオティクス乳酸菌のクレモリス菌FC株は、血糖の急上昇を抑制することが立証された乳酸菌です。

乳酸菌サプリを選ぶときは、プロバイオティクス乳酸菌のクレモリス菌FC株配合のものを選ぶことをおすすめします(´∀`)

 

 

乳酸菌サプリが血糖値の急上昇を抑える理由

乳酸菌は酸や熱に弱いため、多くの乳酸菌サプリは腸に届く前に胃酸で溶けて効力を失ってしまいます

でも、酸や熱に強いプロバイオティクス乳酸菌は、生きたまま腸に届くことが立証されており、小腸の機能を活性化することが分かりました。

プロバイオティクス乳酸菌は、生きたまま小腸や大腸に届き、それぞれの機能を活性化します。

小腸には、血糖値をコントロールするインスリンを分泌させるホルモンがあることが分かっており、小腸を活性化することで血糖値の急上昇を抑制することができると言われています。

血糖値のコントロールをするインスリンは膵臓から分泌されるため、血糖値と小腸は関係がないと考えられていましたが、最近の研究ではインスリンを分泌させるホルモンが小腸にあることが分かったため、糖尿病の治療をして乳酸菌の研究がされています。

プロバイオティクス乳酸菌は、生きたまま腸に届くことが立証された乳酸菌のため、小腸の機能を活性化し、血糖値の急上昇を抑制することができます。

血糖値の急上昇は動脈硬化のリスクを高める

不規則な食事や高カロリーの食事、アルコールの多量摂取などを続けていると、常に血糖値が高い状態が続きます。

血糖値が高い状態が続くと、常にインスリンの分泌が必要となり、次第にインスリンの効果が低下し、血糖が下がりにくい状態になります。

この状態が悪化すると糖尿病の発症に繋がります。

またこの状態は、血管の中に糖分が入り、血液がドロドロの状態となっています。

つまり、高カロリーの食事を続けていると、常にインスリンの分泌が行われ、次第にインスリンの効果が弱まり血糖値が高い状態が続くため、血管はプラークを作り細く詰まった状態となってしまいます。

乳酸菌を摂取することで、食後の血糖値の急上昇が抑制されるため、インスリンの効果が失われずに、血管のダメージを最小限にすることができます。

そのため、血糖値の急上昇を抑えることは、動脈硬化のリスクを低下させることに繋がります。

乳酸菌は酸や熱に弱いため、生きたまま腸まで届くプロバイオティクス乳酸菌を摂取することで、小腸の働きを活性化し、血糖値の急上昇を抑制することができます。

プロバイオティクス乳酸菌の1つであるクレモリス菌FC株配合の乳酸菌サプリは、血糖値の急上昇を抑制できることが立証されているので、動脈硬化のリスクを低下することが出来ますよ。

動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高める

動脈硬化の状態は、血管にプラークが形成され、細く詰まっています。

細く詰まった血管の中を、血糖でドロドロになった血液が流れているので、この状態が続くとさらに血管が細くなり、心筋梗塞脳梗塞を引き起こします。

血液は全身を巡っているため、血栓が飛んだ部位によって、脳梗塞となる人、心筋梗塞となる人に分かれ、さらに血栓の大きさによって梗塞の範囲が決まり、大きな血栓の場合は命の危険もあります。

特に心筋梗塞の場合は、大きな血栓が飛んでしまうと、全身に血液を送る機能が停止するので、脳など大事な器官へのダメージも大きくなります。

心筋梗塞や脳梗塞のリスクを低下させるためには、動脈硬化を改善させることです。

動脈硬化になってしまったら、それ以上に悪化しないように、血糖値の急上昇を抑制し、血管へのダメージを最小限に抑えるようにします。

プロバイオティクス乳酸菌は、生きたまま腸に届き、血糖値の急上昇を抑制することができるので、血管のダメージを最小限にし、動脈硬化の進行を抑え、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを低下させることができます。

乳酸菌サプリで健康効果を実感!ビフィズス菌サプリは便秘解消の作用が強い

ビフィズス菌と乳酸菌の違いが分からないと、どちらを選んだらよいのか分かりませんよね?

乳酸菌は強い整腸作用だけでなく、血糖値の急上昇を抑え動脈硬化を予防したり、コレステロール値の低下、アレルギー症状の改善、免疫の活性化など、様々な健康効果があります。

乳酸菌には、整腸作用だけでなく様々な健康効果が期待できるのは、乳酸菌が小腸にも生息することができると言う特徴があるからです。

乳酸菌は、小腸にも大腸にも生息することができます。

乳酸菌は、長く腸に留まることで、さらに健康効果を実感することができます。

乳酸菌が長く、小腸と大腸に留まることで、小腸と大腸の機能の両方を活性化することができ、強い健康効果を期待することができます。

一方ビフィズス菌は、大腸でしか生きることができないため、小腸の機能を活性化することはできません。

大腸の主な機能は、水分やミネラルを吸収し便を作り出すことなので、ビフィズス菌を摂取することで、便秘体質の人は排便がスムーズになり、下痢やガス腹の人は整腸効果を得ることができるので、辛い腹部症状を改善することができます。

ビフィズス菌の主な役割は排便コントロールであり、乳酸菌は整腸作用に加えて、様々な健康効果が期待できると言うことです。

つまり、ビフィズス菌を摂取するよりも、乳酸菌を摂取することで腸内フローラのバランスを整え、排便コントロールや様々な健康効果が得られると言うことですね。

乳酸菌は酸や熱に弱いので、プロバイオティクス乳酸菌のように、生きたまま腸に届くことが立証されている乳酸菌サプリを選ぶことで、体の内側から健康を実感できるようになりますよ!

プロバイオティクス乳酸菌の中でもクレモリス菌FC株は、強い整腸作用や健康効果が立証されているので、乳酸菌サプリを選ぶときは、クレモリス菌FC株配合のものを選ぶことをおすすめします(´∀`)

 

 

公開日:
最終更新日:2017/11/21